FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家出 二人とも

俺は正直、理絵にやりすぎたのでは・・・、と、後悔していた。とりあえず、許してもらえなくても謝ろうと思い
数日後の夜、実家に向かった。俺のアパートから実家は徒歩で20分車やバイクなら5分の距離だ。
実家につくと、理絵の部屋以外の明かりが消えている。また両親はどこかに外食にでも行ってるらしい。
俺は家に入ると、2階の理絵の部屋に向かい、ドアをノックした。「理絵、いるか?」
「何しに来たのよ!!帰ってよ!!」部屋の中で理絵が怒鳴る。俺はどういって言いかわからずに、ただ
「ごめん」といだけ言って、立ち去ろうと階段に向かった。ガチャと後ろでドアの開く音。
「何か言いたいことがあって来たんでしょ・・・・聞いてあげるわよ・・・」
俺を自室に導く理絵。暫く無言の時間が流れる・・・・
「この前はごめん」俺のほうからやっとの思いで切り出す。
「・・・なんで、私を襲ったの?」理絵が小声で問い詰める。
「ごめん、どうかしてたんだ。なんか、美佳とレズってる理絵を見て、
美佳をとられるような気がしてたのかも・・・本当にごめん」

「私が男性だめだって、美佳から聞いてたんでしょ・・・・・しかも兄妹なのに・・・・・」鳴きそうな声で理絵が言った。
「ごめん、最初俺は、理絵を滅茶苦茶にしたかったんだ。だけど、理絵が美佳のこと本当に好きなんだってわかって、
それで、上手くいえないけど、止めようっておもったんだ。」
「じゃ、どうして・・・・」理絵が尋ねる。
「美佳とえっちしてる理絵を見て、仕返しとかそういう感覚は無くなってたんだけど、・・・・なんていえばいいのか、
理絵を抱きたい、逝かせてあげたいって思えてしまって、そしたら我慢できなくなって・・・ごめん・・・・」

暫くの間、二人とも黙り込んでいた・・・・
ふぅ~とため息をついて、理絵が言った。
「仕方ないから、・・・・・・・許してあげる」
「え?!」俺は驚いた。
「たか兄が私に嫌がらせとか仕返しとかそういう感情で私を抱いたんだったっら、一生許さないつもりだった・・・・。
だけど、違うんでしょ?」
「ああ」俺は言葉に詰まりながらも返答する。
「私を抱きたくなったとことは、私を見て興奮したとか、多少なりとも好感をもってくれたってことだよね・・・
それらないいよ・・・・、おあいこだし・・・・・」
「おあいこって?」
「・・・・・・・・・・・・私も・・・・・・・あの後、たか兄に、また抱かれたいって・・・・・」
| HOME |
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
08« 2017/09 »10

  ★当サイトについて★

※当サイトには悪質なワンクリック料金請求サイト等の広告、 騙しリンク等一切ございません。 管理人も登録確認済みなので、どうぞ安心してご利用くださいませ。

  最新記事

  最新コメント

  最新トラックバック

  月別アーカイブ

  カテゴリ

  検索フォーム

  RSSリンクの表示

  リンク

このブログをリンクに追加する

  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  QRコード

QRコード

  フリーエリア

  • seo
ページビューランキング
BBS7.COM
MENURNDNEXT

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 名古屋 三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄


◆◇◆◇◆◇◆◇◆
広告のお問い合わせ
◆◇◆◇◆◇◆◇◆
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。