FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家出 ディズニーランド連れていって

「そんなに行きたいの?」
「うん…佳純ね、お父さん、お母さんと一度だけ動物園に行っただけなの…」
佳純ちゃんは多分淋しいんだろうな。父親がいなくなって、だから優しくしてくれるジジイや俺に父親を求めてるのかも。
俺は佳純ちゃんのおっぱいをモミモミしながら、
「じゃあ、お母さんに相談してみな。お母さんがいいっていわないと、ダメだよ」
「わかった!話してみるね!」佳純ちゃんはそういって、俺のジュニアをフェラしはじめた。
三回目だから……そんなに早くたたないよー……って、あら?たっちゃった!
二個目のコンドーさんをつけてもらってー、バックで挿入!
「うああん……うあん!」
三回目でも、キツイのはキツイ。
バックで突きまくって、佳純ちゃんをいかして、俺もドピュッ!
あー中だししてぇなぁ

佳純ちゃんが帰った後、俺は疲れたので寝た。
どのくらい寝たのか、ドアのノック音で目が覚めた。
「うあーい」寝ぼけ気味でドアを開けると、佳純ちゃんと母親が立っていた。
「あ、お休みだったんですか?ごめんなさい」
「あ、どうも。いいですよ、何か?」
横にいる佳純ちゃんは何やら真剣な顔。
はあー。さてはディズニーランドの件だな?
「加藤さん、娘に聞いたんですが、ディズニーランドに連れていっていただけるとか?」
「え?ええ、まあ。ただ、お母さんの許しがなしでは連れていけないと佳純ちゃんには言いましたよ」
「そうですか。常識を弁えた方で安心しましたわ」
まあ、弁えてるといえば弁えてるけど、弁えていないと言えば、弁えてないです、はい。
佳純ちゃんは母親が許してくれそうな雰囲気に笑顔だ。
「でも、家はディズニーランドに行ける余裕はないんです」
佳純ちゃんは、えーーーっと言う表情。わかりやすい反応だねー。
「ああ、それなら、私が出しますよ」
「そんな!そんな事、いけませんわ。ダメです」
半ベソの佳純ちゃん。
「私は構いませんよ。佳純ちゃん、本当に行きたそうですし」
| HOME |
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
08« 2017/09 »10

  ★当サイトについて★

※当サイトには悪質なワンクリック料金請求サイト等の広告、 騙しリンク等一切ございません。 管理人も登録確認済みなので、どうぞ安心してご利用くださいませ。

  最新記事

  最新コメント

  最新トラックバック

  月別アーカイブ

  カテゴリ

  検索フォーム

  RSSリンクの表示

  リンク

このブログをリンクに追加する

  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  QRコード

QRコード

  フリーエリア

  • seo
ページビューランキング
BBS7.COM
MENURNDNEXT

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 名古屋 三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄


◆◇◆◇◆◇◆◇◆
広告のお問い合わせ
◆◇◆◇◆◇◆◇◆
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。